フリースペース

 >  > くわえられて爆発寸前

くわえられて爆発寸前

このヘルス嬢に抱いた最初の印象はすごくイヤラシイ、というものでした。イヤラシイのにどこか清純な印象があるんですよ。まず最初はキスから始まってお互いの指を絡ませながらディープキスをしました。そこから私の身体をそっと撫で回してくれます。キスをしているだけでもねっとりとエロいので、もう興奮しまくってチンポはビンビンに勃起してしまいました。それにすぐ気づいた嬢はニヤニヤ小悪魔っぽい笑い方をしながら私のチンポを扱いてきました。この扱き方にはかなり興奮してしまいました。そのまま下に移動していって、私のチンポをくわえ込みます。グロスでいやらしさが倍増している嬢の唇にくわえ込まれると、私のチンポはもうすでに爆発寸前なんです。こんなにエロい口で責められてしまうともう我慢できません。そのまま嬢は私のチンポをとてもイヤラシイ舌使いで舐めまわしてきます。こんな風にされてしまうと我慢することができません。結局そのまま1発発射するまで許してもらえそうにないので、猛烈な亀頭責めに簡単に発射してしまいました。

[ 2015-08-28 ]

カテゴリ: ヘルス体験談